So-net無料ブログ作成
2人目育児(5歳) ブログトップ

坊や5歳おめでとう [2人目育児(5歳)]

光陰矢のごとし。記事書いてから早3ヶ月も経ってしまったが、坊やが5歳になった記録をアップしておく。

保育園のクラスで一番乗り、4月に坊やが5歳になった。なんだか年月が加速して過ぎる感じがする。もう生まれて5年もたつのか…。そして保育園に通って4年。逞しくなったものだ。一方、私は職場復帰して4年か。坊やの4年の方が絶対成長してるなー。

誕生日プレゼントは自転車ということでまずトイザらスに行ったら、恐竜のフィギュアもどうしても欲しいというので、オマケとして購入した。ただし誕生日お祝い前日だったので、購入した日には袋から出さずに翌朝まで我慢していて偉かった。自転車は数件のお店を見て、結局お祝い当日に自転車屋さんで購入した。補助輪付きだけどお嬢の自転車より少し大きい自転車となり、お嬢も自転車を買い替えたそうだった。

お祝いは、坊やの好きなコーンスープや唐揚げ、苺いっぱいのケーキを作った。ケーキの飾りつけはもちろん、卵の泡立てや粉混ぜなども子ども達がやってくれるようになった。お嬢がクッキーまで焼いてくれた。

坊やは最近は恐竜を好きになり、パパのお土産の恐竜発掘キットに予想以上にハマった。ゴーグルを着けて石膏中に埋められた恐竜の化石を、小さなプラスチックのタガネとトンカチで少しずつ削りながら取り出すという地味な根気のいる作業を、何時間もやり続ける姿はミニ恐竜博士さながら。休日も朝早起きして着替えやトイレを済ませて一人で熱心に石を削っていたりする。すっかり少年になっていたんだね。

図鑑も大好きでよく見ている。特に恐竜図鑑は大好きだけど、恐竜の名前は全部カタカナなので一人では読めなかった。最初は絵だけ見ていたようだったけれど、たまたまDVD付きの図鑑だったので耳で聞いて覚えたらしく、ほとんど教えていないのに勝手にあっという間にカタカナを読めるようになった。好きだから知りたいという原動力はものすごいパワーなんだなあとしみじみ思う。

ひらがなとカタカナを読めるようになった坊やは、次第に字を書くようになった。もちろん鏡文字も書くし、書き順もメチャクチャだけど、お嬢も最初はそうだったので特に矯正しなかった。すると自分から、お姉ちゃんが習っている書道を坊やもやりたいと言うようになった。絵筆と絵の具で絵を描く楽しさも覚えたせいか、何度聞いても書道やる、と言うので体験をやらせてみた。途中で寝転んだりふざけたりしていたものの、楽しそうだったし、続けたいと言うので、入会することにした。お姉ちゃんと同じ場所、同じ時間なので、親の送迎負担が少ないのも助かる。ママが何も言わなくてもお稽古の時にはちゃんと脱いだ靴を揃え、最後にはきっちり「さようなら、ありがとうございました!」とご挨拶するので、先生の方がビックリ!!こういうの、坊やはホント上手なんだよね~。

あと最近は、風呂栓を抜くお手伝いを毎日してもらっている。その後お姉ちゃんがお風呂洗いとお風呂沸かしのお手伝い。おかげで帰宅後は料理に集中できるようになって少し楽になった。ビデオとネットTVの操作も自分でだいぶできるようになったのも、親としては楽(ただしテレビの見すぎに注意が必要)。

そんな少年らしくなってきた坊やはママ大好きの甘えん坊でもある。ベタベタとママにくっついてきたり、ママ抱っこやママ食べさせて、なんてのもまだまだよくある。そのくせ、保育園の先生には言わないで、とのこと。彼なりのプライドがあるのでしょう。男の子はそのうち大きくなるとどんどん変わっていって、ママから離れていくんだろうな~と思うと、寂しいのでこちらも期間限定と思って甘えさせることにしている。まあ、逆に大きくなっていつまでもママベッタリでも困るしね。

まだまだ想像つかないけれどどんな大人になっていくのかなあ。上に書いたように彼は要領がよくて、コミュニケーションが上手だ。だからきっと世渡り上手だろう。それに論理的で、全体像が見える。彼は常に理由を述べている。「〇〇なんだよ、だってさ、××だからだよ」と言う話し方をするので、それなりに説得力がある。動物園や博物館に行くとまずざっと何があるか眺めてから、好きなところに向かう。だからパッと目につくものに引き寄せられるお嬢と一緒に連れて歩くのは大変。

これからも良いところを生かして逞しく成長してくれますように。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
2人目育児(5歳) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。