So-net無料ブログ作成
1人目育児(6歳) ブログトップ

習い事体験三昧 [1人目育児(6歳)]

だいぶ新しい環境に慣れてきたようだったので、5月にはお嬢念願の習い事無料体験をさせてみた。体験内容は公文、ピアノ、書道の3つ。親の私はどれも小さい頃にやったことがあったけれど、先生も場所も時代も違うので私もそれなりに楽しみだった。

まずは公文からスタートした。公文はいつでも体験できるわけではない。年に3回できる時期が決まっている。ウェブページから申し込むと、メールで早速回答があった。先生に電話すると、とても早口な方だった。本来は面接とテストがあるらしいけれど、同じ学童のお友達が通っているということでいきなり子ども一人で行ってテストということになった。公文をやっているお友達が何人もいるので、お嬢の憧れだった公文。体験をものすごく楽しみにしていた。

ところが初回はあいにくの雨模様。学童からは家の近くをとおり過ぎて6-7分くらい反対方向に歩いた場所にある。しかも交通量の多い大通りを横断しなければならない。お嬢も傘をさして行くのは大変だったかもしれないが、雨の中坊やを保育園でピックアップした後彼を連れて公文まで迎えに行かねばならないのが予想以上に大変だった。

迎えに行くと先生がすぐにテストの結果を教えてくださった。出来はわりとよかったらしいけれど、ものすごい早口で教材の説明をされて何だか良くわからなかった。たくさんやれば早く進めるということはなんとなく理解したけれど…。と、その時先生がお嬢を呼んで何かのプリントを持ってきてとおっしゃった。それに対して無言で手渡すお嬢もさることながら、先生も無言でお嬢からひったくるようにプリントを受け取った場面を目の当たりにしてとてもショックを受けた。ありがとうの一言も無いの!?しかもひったくるなんて!!教室内には他に勉強している子どもがいたので静かにする必要があったとはいえ、直感的に私自身はそのお教室の先生とは合わない気がした。ただ、お嬢は「先生はやさしい」と言っていたし、たまたまだったのかもしれないので、私の早とちりだった可能性もないわけではない。念のため。

お嬢は公文を気に入っていたようだったのでとりあえず4回は体験させた。そしてその間に他の習い事も体験させてみた。ちなみに公文は毎日算数と国語各5枚の宿題が出ていたけれど、なかなかエンジンがかからないお嬢にやらせるのは大変だった。ガミガミ言いたくなかったので放置してたら、いつの間にか宿題の枚数が減らされていた。

次はお嬢がやりたがっていたピアノ。楽譜の読み方や実際のピアノの弾き方を体験できて、うれしそうだった。そして書道。これはお嬢は知らないので特にやりたがった訳ではないけれど、漢字ドリルと絵の具お絵かきが好きなお嬢はきっと気に入るはずと思っていた。案の定、初めての筆や墨や半紙に大喜びで体験の中で一番気に入り、続けてやりたがった。どちらも家から徒歩1-2分なので送迎の負担も少なかったし、先生方も感じがよかったのも○。

お嬢は基本的にはどれも喜んでやりたがったけれど、公文は宿題と送迎の負担が大きすぎるのと私の希望でやめてもらった。公文の内容は家でもできそうだと思った。一方、ピアノと書道はプロの指導が不可欠だし一生モノなので是非身につけてほしく、早速通うことにした。書道は宿題が無いし、ピアノも厳しい感じではなく毎週必ずある訳ではないのが有難い(ただし当然ながらピアノの練習は毎日必要)。

かくして小学校に入ってから、バレエに加えて、ピアノと書道も習うことに。まずは電子ピアノの機種選定をしなくては。書道は筆と墨汁は既に購入済みだけれどもそれらをしまう手提げ袋が必要なので、余り布で作ってみようかなー。そんな訳で親子共にちょっと忙しくはなってしまったけれど、せっかくなので楽しくやってくれるといいな!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

祝入学、新学期スタート! [1人目育児(6歳)]

お嬢の入学式の日がついにやって来た。これで正真正銘ピカピカの一年生になる。入学式は月曜日だったのと開始が10時と遅かったので、比較的楽だった。午後に祖父母が来訪することになっていたので、むしろその準備(部屋の掃除)の方が大変だった。朝はパパが坊やを保育園に送っていく間に身支度。卒園式前にメイクを練習しておいたので、今回は難儀することはなくできてよかった。

お天気は素晴らしく良く晴れ渡り、新年度スタート同様新しい門出にふさわしい爽やかな日だった。親子3人で小学校に到着するとなにやら行列があったのでとりあえず並んでいたら、なんと校門近くにある「入学式」の立て看板での個人的な写真撮影の列だった。時間がないので式後に撮るよう言われた。下駄箱で上履きやスリッパに履き替えた後は、お嬢だけ、大きい5-6年生らしきお兄さんに連れられて行った。私達はちょうど同じ出身保育園のママさん達に会ったので連れ立っておしゃべりしながら体育館へ向かった。

入学式はオーソドックスで、しかも自分の小学校の時と同じ3クラスだったので懐かしい感じだった。私の時は担任の先生が大きな風車を持って入場したっけと思い出したりした。先生方の式辞のあとには、2年生の歓迎出し物(ミュージカルのような声のかけあい、歌、楽器演奏)があり、それがとても上手でとても良かった。お嬢も来年は1年生にやってあげるんだなあ、と感慨深く思った。新入生は全部で100人以上いたのにみなとても静かで、式辞で「おめでとうございます」と大人が言うたびに、「ありがとうございます!」と声を揃えて答えていて微笑ましく思った。学級崩壊につながりそうな、落ち着きなく立ち上がる子や奇声を上げる子はおらず、少し安心した。

式典終了後は子ども達は退場。親は後から教室に向かった。教室では先生のご挨拶の後どんな説明があるだろうと思っていたら、机の上に置いてあるプリントに全部書いてあるから家で良く読んでおいてください、だけ。もう少し何か話すことはないのだろうか…。担任初めてという先生だったから仕方ないのかもしれないが。お嬢の席は一番後ろ、かつ他の子は皆机を2つくっつけてペアで並んでいるのにお嬢だけ余りの三人席だった。クラス人数が奇数だから仕方ないけれど、他のクラスも同人数なので同じ状況なんだからもうちょい柔軟に人数を変えられないのかしらと思った。

最後は校庭で親子一緒にクラス記念撮影をした後、横断歩道の渡り方を聞き実践して終了。校門前の写真撮影の列にまた並んだのですっかりお昼を過ぎてしまった。昼食後は保育園の先生にご挨拶するべく保育園に向かったら、既に保育園で挨拶し終わったお友達集団と途中すれ違った。どうやら出遅れてしまったらしく、保育園でお世話になった先生のところへ行くともう誰もいなかった。先生には二度手間で申し訳なかったけれど、先生と1対1でゆっくりお話できたのはよかった。そして長々と話していたら、二人ほどお友達とパパさんが合流したのでさらに長居してしまった。3時近くにようやくお昼寝中の坊やを起こしに行った。

そして慌てて帰宅したら、夫の両親が既に家の前で待っていてくださった。花束やケーキ、お赤飯に茹でタケノコ、坊やへの絵本プレゼントなどたくさんお土産をいただいた。お茶を飲みながら学校から配布された教科書を見せたり坊やと遊んだりして、夕方までには帰られた。ずっと元気だったお嬢もさすがに疲れた顔をしていたのでその後は急いで夕食、お風呂にして特にお嬢は早めに寝かせた。寝る前にはグランマからお祝いの電話もあった。ママとパパは教科書の他にどっさりと渡された道具箱やら書類やらをチェックしてから、名前付けやら準備やら大忙しだった。事前に準備していたのにこんなに大変とは…。ただでさえいろいろあって疲れていたのに夜中遅くまで準備して非常にキツかった。

翌朝、お嬢は一人で7時前に起きてきて、重たいランドセルにお弁当(学童で食べる)入れて、手提げ二つをもって、8時前に元気に学校へ出発した(ママの出勤と一緒に)。重い、と言いながらもちゃんと自分で荷物を持って。パパとは昨日、6年間ずっとママと一緒に朝は通うかな、なんて話したけれど、お嬢は今朝学校の前で「明日から一人で行く」と言っていた。確かに、朝は通学路は小学生だらけで、横断歩道には交通整理の人もいるので、一人で行けそうに思った。小学校はただでさえ荷物が多いのに、学童の荷物(連絡帳と勉強道具程度)、バレエの日はバレエの荷物も持っていかなくてはいけないのが、ちょっと大変そう。ともかくついに楽しみだった小学校生活が始まったね!ママも頑張るよ。お嬢も楽しく頑張れ!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

手作りグッズは母の意地!? [1人目育児(6歳)]

小学校入学準備の一つに、防災頭巾カバーの準備がある。防災頭巾なんて自分の小学校時代以来のシロモノ?懐かしい〜なんて言っている場合ではない。キョーフの手作りグッズ登場!?いやいや、説明会では市販のでもよいとのことで一安心♪ということで市販品の購入で済ませるつもりだった。ところが紆余曲折あって裁縫超初心者の私が手作りすることになったその経緯を書いておく。

説明会の資料には防災頭巾カバーの作り方が図解入りで載っていたけれど、縮尺はめちゃくちゃ(縦横の長さが1:2位なのに図は正方形(^^;)で非常にあっさりとしか書いていない。これは慣れていない私には出来そうにないと思った。説明会では見本として近くの指定店での販売品と手作り品の両方が置いてあったので一応見てみた。市販のはナイロン製でゴワゴワしていていまいちだけれど、キルト布の手作りも難しそう。どうしようか迷いつつ、お友達ママに倣って手作り品の写真を一応撮っておいた。

週末に指定店に行って体操服などを購入したときにナイロン製の防災頭巾カバーも見たけれどやはり色もデザインもいまいち。他の店で探すことにした。しかし、文房具などを購入したモールでは防災頭巾カバーは見当たらなかった。仕方なくネットで探すもなかなか気に入る柄のものがない。そうしてネット上を検索するうちに手作りページもたくさん発見し、ついに写真入りで丁寧な説明のある寸法入りの手作りページに遭遇。なんか難しそうだけど他のお店に行って探し求めるのも面倒だし、ええい、もう作るか!

まずは紙で1/10スケールのものを昼休みにホチキスを使って作ってみた。なるほど、作ってみたらそれほど難しくない気もした。手提げバッグすら作ったことないのにいきなり難易度の高いものはどうよ、と思いつつも、高級格安ミシン(笑)はあるので作れるかもという気になってきた。そして週末に別件で別のモールに行った時に手芸屋さんがたまたまあったので思いきって行ってみた。そこには防災頭巾カバーのキットが売られていたけれど、あいにくサイズが合わない。仕方なくバラで購入することにした。お嬢に好きな布を選ばせたらキラキラの派手なのがいいという。でも6年間使うかもしれないのでオーソドックスなものを強く勧めた。最終的には赤いチェック模様がいいというのでそのキルトとカバンテープ、マジックテープ、ポケット用の布を購入した。

布購入後は激しく忙しかったので、合間に前準備として手作りページを検索するのが精一杯。ネットで見つけた件の手作りページは飾りのないオーソドックスなタイプだったので、ポケットなど飾りの付け方は違うページで見つける必要があった。説明会で見たものにはポケットがついていて、マスクなどを入れられて何かと便利とのことだったし、アクセントになるのでなるべく付けたかったのである。さらにその手作りページには専門用語の説明もあまりない。裁ち目かがり、押さえミシンって何?そういうのは別途ネットで調べる必要があり、ミシンの説明書もよく読まないとならなかった。水とおしが必要というページもあり、まずはそのあたりから始めることにした。

卒園式まではとにかく忙しくて何も出来ず、週末も人を招待したり買い物に出かけたりとなかなか時間が取れなかった。そしてようやく3月半ばから実際の作業に取りかかり水とおし後サイズを測って布を裁断した週末、用事があって最初行ったモールに行ったら!!なんと山のように防災頭巾カバーが積まれているではないの!どうやら最初に行ったときは時期尚早だったということらしい。脱力…。しかもあろうことか既に購入したのと全く同じ赤いチェックのキルトの防災頭巾カバーがこれまた山積み。まさに作ろうとしていた飾りのないシンプルな物が布代より安く売られている〜先に見てたら絶対買ってたー!ウキー!

夫にその脱力感と無念さを訴えたら、じゃあ布を返品したらという。もう布は水とおしして切ってしまったってば。ああ、このまま一番簡単なシンプルな物を作ったら、単に安物を買ったと思われてしまうでないかー。しかもその安物の方が手作りより絶対上手…。手作りなんて楽しいかもしれないけどやっぱり自己満足に過ぎないという数年前の自分の結論を思いだして、ちょっとむなしくなった。

しかし、もう後戻りはできない。切った布を放置して安物を購入するのだけは後悔しそうで嫌だった。ここでグッと気合いが入り、その市販品に負けないくらいの代物を作ってやろうじゃないの!という気持ちになった。そこで手作りならでは感を出すために後日追加でアップリケと縁取り用のバイアステープも購入した。実は手芸屋さんで見た作品例はチェックのキルトに色の着いたバイアステープで縁取りしてあってかわいかったけれど、むずかしそうなので一度はあきらめたのだった。でも付けた方がやっぱり断然イイ。ついでにふたも丸くしちゃったり。ここまで来たら自己満足というよりは意地!

とてつもない大計画を立ててしまったので、仕上がりはいつになるやらという感じだった。裁ち目かがりを始めてからチェック模様が裁ち目と微妙にずれているのに気づいたり、持ち手テープが太すぎて持ちにくいとお嬢に言われたりと前途多難ながらも、地道に作業を進めると少しずつそれらしくなってきて、だんだん本当に完成できるかもという気になってきた。もちろんハードルは多く、縦まつり縫い、バイアステープを"いせる"、などはなんだか分からずyou tubeの動画を見て研究したりしたし、一部自己流にしたので大きさが合わず、縫い終わってから布を裁断したりという失敗もあった。

お嬢は生まれて初めて"動く"ミシンを見て興味津々で、どうやって縫えるのか不思議なようだった。坊やも動く物が好きなせいか寄って来てじっと見ていた。でもアイロンや針など危ない物がたくさんあるので近くに来るのは禁止。お嬢はプーリーを手で回して縫いたがったけれど、ミシンは手縫いの基本がわかってからと思い、触らせなかった。それでもママが一生懸命お嬢のために手作りする姿を見せられたのは結果的にはよかった。ものづくりの楽しさや温かさも伝えられるしね。

それにしてもこんな初心者でも本も見ないで作れるなんて、便利な世の中になったなあと思う。ミシンは小型で高性能で使い方も簡単なのに安いし、作り方はネットで無料で調べられる。動画まであるから、むしろ本よりわかりやすい。出来上がりの写真なんかはいろんな色や柄のものがネット上で見つかるので、イメージもしやすい。さらに私のような超初心者向けの丁寧な説明入りのページもあって至れり尽くせり。

寝不足になってキツかったけど、なんだかんだいって意外と楽しかった。4月に入ってからは恐怖の毎日お弁当地獄があったため、平日は全く出来ず、入学式直前の土日になんとか終了。意地+自己満足+子への教育(?)効果の結晶だったけれど、最後は睡眠不足で風邪を引いたのでやはりかなり無理があったかなー。振り返ってみると一番大変だったのは意外なことにミシンで縫うなどの実際の作業ではなく布の選定とデザインだった。作ってしまってから気に入らないということになっては大変。作ったことのないものの完成予想図をイメージするのは至難の業だったけれど、これにはGoogleの画像検索が役に立った。

3年後入学する坊やの分は、今回作って作り方わかったから大丈夫だね!とお嬢が言っていた。また作るのか〜どうしようかな〜。もう既製品をどこで買えるかわかったしねー。3年後に考えることにするか。このブログでも読み直しながら!

防災ヘルメットケース小2.jpg
学校のいすでどんな風に掛かっているのか見てみたい
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

入学準備 [1人目育児(6歳)]

いよいよ4月から小学生になるお嬢。11月には就学時検診も終わり、イロイロと具体的に準備する段階に入った。やらなければならないことはたくさんある。ランドセルを買ったり、入学式の洋服も必要。机は小さいのがあるのでイイとして、ベッドは買わなければ(かわいそうに、お嬢はいまだにベビー布団で寝ている)。民間学童も気になるし、公立学童もそろそろ申し込みシーズン。

ソフトの面では、小学生になる前までにできるようにしておくことリストも見ておかなくちゃ。お嬢は勉強的なことは大好きなのでひらがなや自分の名前を書いたり、数を数えるなどは大丈夫なのだけれど、生活面がアヤシイ。保育園育ちなのに!忘れないように書いておこう。1.朝一人で起きる〉×、2.出したものをちゃんとしまえる〉×、3.トイレに自分から行ける〉△、4.一人で眠れる〉△…。まずい…。

机に向かう習慣作り、ひらがな・カタカナの書きじゅん、一人で起きる、を達成するため、今までガンとしてしまじろうの勧誘には乗らなかった我が家だけれど、ついにベ●ッセの力を借りることにした。ワークは達成シールもあってか、普通のドリルよりもやる気になるみたい。簡単なのですぐできるのもイイのかな。目覚まし時計も効果絶大。たまに目覚まし止めてまた寝ちゃうのはご愛嬌。書きじゅんマシンのおかげで字がキレイにもなり、今のところこちらの思惑通り。

ランドセルは早々と11月頃夫の母が買ってあげると言って下さったので、ありがたく甘えることに。ランドセルは高島屋とイトーヨーカ堂の両方で下見したけれど、値段・質共にそれほど差は感じず。お嬢は当初は紺色のランドセルがいいと言っていたけれど、実際のモノを見たら茶色が良くなったようだった。いずれにせよ、小学校は勉強しに行くところでは、とツッコミいれたくなるようなハートやらリボンやらキラキラやら刺繍やらの飾りの凄いこと。とりあえずいくつかお嬢に背負わせてフィットするものを選ばせたけれど、お嬢が最後に選んだランドセルの刺繍が、品のないタトゥーにしか見えず却下。結局は、お嬢は意外とこだわりはないようで違うお店で買っていただいた。

卒園式、入学式用の洋服も12月早々に購入。こちらはグランマに付き添ってもらい、お嬢が自分で選んだ。ブレザー風の洋服を試着させたら小学生の出来上がり!まだまだ幼児と思っていたけれど本当に月日の経つのは早い。あっという間に小学生が終わり、中学生、高校生と大きくなっていくのだろう。

最近では、鍵の開け閉め、一人で道を歩かせる、一人でお留守番等も少しずつやらせている。親に電話をかけさせる練習も必要なようだ。鍵や携帯はお友達ママはやはり低学年のうちから持たせていると聞いたので、検討しないといけないなー。まあ、お嬢はどれもわりとそれなりにきっちりやってくれるけれど、ほかにもいろいろと急にできるようになるのかなあ。

とにもかくにも保育園生活はあと2ヶ月。お嬢は早く小学生になりたいと前向きだけれど、親の方は朝早起き、学童保育、お弁当、授業、習い事など心配はつきずドキドキだ。一人で行動することも増えるので、保育園がいかに守られた環境だったかを実感する。まあなるようになるだろうと思うしかないけれど、こうしてだんだん親の手を離れていくのだろうね。頑張ってと応援することしかできない、と高校生の子どもをもつお友達ママが言っていたけれど、その第一歩というところなんだろうね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
1人目育児(6歳) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。