So-net無料ブログ作成
育児(5歳と3歳) ブログトップ

かたづけマンとパンツマン [育児(5歳と3歳)]

坊やはお片付けが得意である。片付けて!と一声かければよほど不機嫌じゃない限り使っていたおもちゃをザザーッと引き出しに戻してくれる。保育園でもママがお迎えに行けば、遊んでいたおもちゃをササッと戻してからママのところに走ってくる。はっきり言って、片付けてと言われてもぼーっとつっ立って何もせず毎日ママに叱られているお嬢と対照的である。

そして坊やは最近パンツマンに移行中である。おむつマンにすぐもどりたがるし、何度か失敗はあるけれど全て家の中だったのでそれほど大変ではなかった。それに何しろトイレの間隔が空いているし、自分から「おしっこ!」と言ってトイレに行ってくれる。今トイレに行ったのにすぐにトイレに行きたくなってしまい、また自分からトイレ申告してくれないお嬢に比べて、楽である。

何故彼は片付けが上手なのか、トイレの失敗が少ないのか、を改めて考えると、もちろん個人差や個性の違いが一番だろうけれど、もしや1歳からずっと保育園に通っている成果か?と思ったりする。お嬢も1歳前から保育園には通っていたけれど、基本的な生活習慣が身につく大事な時期である2歳半過ぎから4歳近くまで保育園に通っていなかった。この間は坊やが赤ちゃんで手がかかりあまりお嬢に手をかけられなかったから、こうも違うのかしらん。

保育士さんはやり方も上手だ。片付けの際にはかたづけマンの歌なるものを歌うらしい。坊やはかたづけマンが大好きでよく歌いながら踊っている。トイレはしなくてもいいのでお友達と一緒に連れていき、無理なくトイレイメージをつけてくれる。坊やもお友達に刺激されてトイレでできるようになった。保育園ってありがたいなあとつくづく思う。

ただお嬢も少しずつ、七転び八起きくらいの感じではうまくなってきてはいる。きちんとした生活習慣は本当はしっかりと身につけて欲しいけれど、まあ周りに迷惑かけない程度に最低限できればいいかなと最近は諦めの境地にもなりつつある。というのは自分や夫の子どもの頃を振り返ってみて、生活習慣がきちんとしていたかどうかはその後の人生にはそれほど影響していない気がするからだ。

一応、お嬢の名誉のために親バカ丸出しで言うと、普通の感覚だと少しだらし無いに近いお嬢は、どの子よりも早く言葉を話したし、文字や数字を覚えるのも早いし、読めないはずの漢字を前後から判断して読むし、足し算引き算の暗算をこなすし、聞いた単語を過去の記憶と関連付けるのが得意だし、英単語をたくさん覚えているし、聞いた英語をおうむ返しに話せるし、一度行った場所は反対から来てもわかるし、ハサミやノリを使った工作は得意だし、絵は上手と、素晴らしい能力がある。それらが全部無くて片付けとトイレが完璧にできるのとどちらが望ましいか?どんな人間も何でもかんでも完璧なはずはない。そう自分に言い聞かせている。

とは言え、現実的には片付けマンやパンツマンの方が忙しい親にとってはありがたいので、結局普段はお嬢ばかりをガミガミ叱ることになる。片付けとトイレをちゃんとやってくれれば、本人だって楽なはずなのに…。ただまあ保育園の先生との面談では、時間で区切って動けないと小学生になってから苦労するので、少しずつ練習した方がいいですね、とは言われてその通りと思うけれど、同時に何もかも全て上手にできなくてもとも言われ、それもそうだなとは思う。

一方、かたづけマンとパンツマンの次なる課題は、トイレでウンチ。ウンチの前はおむつにはきかえたいと言う。トイレはコワイらしい。何度かウンチしそうな時にトイレに連れていき座らせてみたもののうまくいきめないらしく、結局おむつに履きかえてからウンチということが何回かあった…とこのブログ記事を書きかけていたら、昨日ついにトイレでウンチ大成功!たくさん褒めたら坊やも嬉しそうだった。

パンツマンと片付けマンはこのまま続いてくれることを期待しつつ、坊やにはもう少し数や文字に興味持ってもらいたいというのは欲張りかな。まあ坊やはさすが二番目、その場の空気を読むし、要領がいいから、世渡りは上手そうではある。親としては二人共に個性を活かしつつ、必要最低限の生活習慣を身につけて成長していってくれればいいなと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
育児(5歳と3歳) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。