So-net無料ブログ作成

爪ポロリ [病気]

先日爪がポロリと取れた。と書くとキャー!!恐怖!な感じだけれども、実際はそれほど恐ろしげなシロモノでもない。取れたのは爪の先端だけだし、既に根元からちゃんとした爪が途中まで生えてきている。もう少しで爪が取れるという瀬戸際では少しだけ痛みがあったけれども、爪が取れてからは全く痛くはなかった。

ただ、キョーフなのはこれが7月の手足口病の後遺症だということと、あと5本の指の爪もポロリ予定なこと(注:11月中旬時点ではあと1本がポロリ予定)。親指2本だけはこの手足口病ウィルスの爪攻撃にやられなかったものの、残り8本は餌食となり、2ヵ月以上も経ってからその屍が存在感を主張するなんて、何とも恐ろしい病気…!

因みに爪ポロリ済み・予定のない2本の指はというと、これも爪の一部は餌食となったのだけれど、引っ掛かりが邪魔で切ったり剥がしたりするうちに何となく消滅してしまった。とは言うものの今は部分的に爪が欠けている状態で、見た目がちょっと変なことにはかわりない。

手足口病の時は手足をいかに普段使っているかよくわかったけれど、それも今から思えばたかだか1週間の話。手足口病の最盛期を過ぎたらこれまた恐怖の手足の脱皮に襲われたけれど、それも1-2週間のこと。そしてそれが落ち着くと最後に爪の番が待っていた。爪の生産場所がウィルスに攻撃されて爪が生えなくなるらしい。といっても、ウィルスが死んでしまえばまた爪の生産が始まるので、死んだ爪を乗せたまま新しい爪が伸びるようになる。つまり根元側に隙間のある二重爪のようになる。これは現在も進行中なので恐らく完全終息には3-4ヵ月かかるといったところだろう。

爪が死ぬとどうなるかというと痛みはない。ただ、黄ばんできて汚いらしいのと、糸や髪の毛を引っ掛けやすいので不便である。ざっくり編みのカーディガンに何度爪を引っ掛けたことか。そして髪の毛を洗えば常に爪の隙間に髪の毛が引っ掛かった。この場合痛いのは髪の毛ではなくて爪の方だ。爪が剥がれる恐怖を何度も味わった。そして次第に死んだ爪が上方移動していくと、指との密着面積が少なくなるので、ちょっと背中をポリポリしようとしても力が入らない。ひとつひとつは小さいことだけど何しろ不便な時間が長い分、爪のありがたみもよーくわかった。早く普通の爪がはえそろって、爪の存在に気付かない日々を過ごしたいものである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

13周年 [イベント]

もう1ヶ月以上も前の話だが、結婚して13年経った。気付けば子ども達も赤ちゃんだった頃の大変さを脱して少しずつ手がかからなくなってきた(違う面で大変になった事も多いが)。そして我々はそれと同時に年をとってきた。シワも白髪も増え、健康や病気に関する話題も増えた気がする。40歳を過ぎたのだから当然なのかもしれないけど。

今回の結婚記念日は平日だったので休みを取った。たいてい半休だけど今回は体調が今一つだったので、全休にした。そして万を辞していつものレストランを予約しようとWebページを見ると…何と痛恨の定休日!!ショック!!気を取り直して前々回候補に挙がったレストランを探してみると…やはり定休日!!仕方なく前夜にネットでレストランを探すことになった。

ところが何故か良さそうなお店はことごとく定休日。近くにリニューアルオープンしたレストランは休みではなく10%引きのはがきが来てたけど何となく気が進まない。そこ以外で徒歩で行けそうな場所のレストランは全滅だったので、少々エリアを広げて探してみた。するとまあまあ近くに定休日ではないレストランを発見した。ちょっとお高いけど雰囲気は良さそうなので電話してみると予約が取れた。なんとか10周年の轍を踏まずに済んだ。

レストランの最寄り駅まではタクシーで向かい、そこから徒歩で到着。白が基調の天井の高い素敵なお店だった。魚料理も肉料理もパンもデザートもどれも美味しかったけれど、アミューズの野菜のマリネが絶品だった。この日はワインも奮発。Cote du Rhoneのchateauneuf 2009年なぞを頼んでみた。香りもよくどしっとしたフルボディワインを楽しんだけれど、坊やと同じ年というのが印象的だった。

話は日常的にしているから特別な会話もなかったけれども、こんな贅沢な食事を美味しく食べられるのももうあと30回もないかも、なんていう話も出た。そうだ、年をとったら体も弱るだろう。美味しい食事も健康ならでは、である。もう将来は見えない遠いいつかではなく、おおよそお尻まで30年後と決まってきているのだ。死ぬのはいつになるかわからないとしても、死ぬまで今のような健康という訳にはなかなかいかないだろう。もちろん健康でいられる努力をして多少は時期を伸ばせるとはいえ…。これが年をとるという意味なのかなと思った。

まあそうは言っても考えても仕方ないのでさらりと忘れて、ほろ酔い気分で散歩がてらしばらく帰りは歩いた。かなり歩いてからふとバスを見かけて乗ったら夫はグースカ。帰宅してからも二人して昼寝。年取ったというか疲れているというか!ま、年に1回くらいだからいいよね。

夕方には子ども達を迎えにいき、連れ帰ってきたら一気ににぎやかな平常に戻った。あっという間に記念日は終わってしまい、後は慌ただしい生活が待っているけれど、残りが見えてきているだけに毎日夫や子ども達と過ごす人生を味わっていかなくちゃと思った1日だった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

追い込みと成長 [1人目育児(7歳)]

9月に書いた記事なので古い話だけど、せっかく書いたからアップしておく。

盛りだくさんだった小学校の夏休みが終わった。家族旅行に行ったし、双方の実家にも泊まりに行ったし(一人でのお泊まりも体験)、従妹と遊んだし、水族館にも行った。ラジオ体操もしたし、学校のプールにも通ったし、スイカを食べたし、虫取りもした。

もうひとつ大事なものを忘れてないかって?そう、夏休みといえば宿題!自由研究!小学生は忙しい!宿題はひとつひとつは大したことないけれど、トータルでは結構なボリュームがある。内容はドリル、絵日記2日分、読書カード、本紹介、朝顔観察、朝顔数記録、お手伝い記録、目標記録、自由研究。ほっておいたら全部仕上げずに新学期を迎えそうなので、段取りを考えて声かけをした。

毎日のお手伝いや朝顔の数の色塗りは単調作業だけれども一度に終わらないので、まずは国語算数ドリルを少しずつ学童でやらせて終わらせる。色塗り系は毎日声をかけていたけれど、すぐにたまってしまっていた。絵日記や朝顔観察も早めに終わらすよう声かけして何とか8月中旬には大体終わらせた。読書カードも、本の紹介も早めに、と欲張りたいが、何せ毎日忙しくなかなかそこまで到達しない。でも旅行中は免除にした。思いっきり遊ぶのも必要だと思ったからね。

そして大御所は自由研究!私は子どもの頃自由研究は苦手だったのに、夫は大好きだったというので、夫に丸投げすることにした。自由研究は、工作、絵画、旅行記等でよいらしいので、得意の工作がいいか、お絵かきか、はたまた旅行記もいいねと夏休み中に家族で話した。いずれにしろわりとお嬢の得意種目なのでそれほど心配ないだろうと思っていた。結果的には、工作とお絵かきと旅行記を兼ねた作品(旅行先で見たものを粘土で造って箱に入れ、その背景に絵の具で絵を描き、その横に説明文を書く)が出来上がった。

と、このように文章にすると大したことないようだけれども、実際の作業は時間のかかる大作だった。何しろ平日は朝から夕方まで学童なので家にいる時間が圧倒的に少ない。毎日少しずつしか出来なくて、少しかわいそうだった。また、紙粘土をこねて形を作った後は乾燥させる時間が必要だし、その上に絵の具を塗ってさらに乾燥。紙粘土以外の材料を追加で探して買ったり、背景の絵を絵の具で描いて乾かしたり、説明文の下書きや清書等々…どれも大変な時間がかるものだった。夏休みの旅行や実家行きが一通り終わって夏休み残り2週間という段階でスタートしたけれど、結局夏休み最終日どころか、新学期の朝までかかってようやく終了した。

前日夜には大方出来上がっていたのでそのまま持って行く事もできたのに、当日朝自分で早起きして絵の具で色塗りしている姿を見て、理想形に近付けたいという情熱に伴った行動力がついたなあと驚いた。ぎりぎりまで諦めない姿勢はわが子ながら天晴れとも思った(と同時に新学期の朝に宿題やってるってどうよ、遅刻するじゃないのとも思ったが)。

結果的には学校には少々遅刻したのだろうと思われるけれど、どうにか作品を納得行くまで作れて満足して登校して行った。夏休み最後の2週間は毎日一生懸命に取り組み、最後には当日の朝まで粘り強く精一杯頑張った経験、そしてパパと楽しく話し合いながら作品を作った時間は、自由研究の作品そのものよりもずっとずっと価値がある宝物になったのではないかなと思う。本当に最後までよく頑張ったね。そしてまた一段と成長したね!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。